AGAとは

AGA・基礎知識

「Androgenetic Alopecia」、略して「AGA」は、日本語では「男性型脱毛症」と呼ばれる頭皮の病気です。頭髪の脱毛により薄毛となってゆくAGAは、男性ホルモンなどが作用して発症することが知られており、主な患者層は成人男性ですが、女性にも同様の現象が見られることがあります。薄毛の原因はAGAの他にも、食生活やストレス・生活習慣や年齢によるものなども挙げられますが、「問題のない生活習慣を心掛けているはずなのに若くして薄毛になっている」という状態の場合にはAGAの可能性も強いとみることができます。

AGAに至るまで

前頭部(ひたいなど、生え際部分)から、あるいは頭頂部(つむじ部分)から、そしてその両方から薄くなる可能性もあるAGA。本来髪の毛は、常に同じ髪が存在しているのではなく、ヘアサイクルによって健康さを保っています。髪の毛1本1本は、それぞれに成長期(2年~5年ほど)、そして退行期(数週間)を経て、毛球の退化する休止期(2ヶ月~3ヶ月ほど)を置いた上で脱毛に至りますが、これらの一連の流れをヘアサイクルと呼びます。しかしAGAとなっている頭皮から生える髪の毛は、ヘアサイクルが乱れており、成長期がごく短いまま退行期に移行し、成長しきっていない短く細い髪の毛のままで抜けることになってしまいます。

AGAを引き起こす物質

男性ホルモンの中でも「テストステロン」は、頭皮内にある還元酵素「5α-リダクターゼ」が作用すると「ジヒドロテストステロン」、すなわち「DHT」という名前を持つ物質へと代謝が行われます。そのDHTが「アンドロゲンレセプター」という名の男性ホルモン受容体に影響を及ぼすことから、ヘアサイクルも乱されてしまうという現象が生じるものです。テストステロンそのものはどの男性も持っているホルモンであるため、あとは5α-リダクターゼがよく活性する人ほどAGA発症率も高くなり、あるいはアンドロゲンレセプター自体の敏感な人もAGA発症率が上がるということになります。