AGAの治療法には何があるのか?

AGAによる薄毛を諦めてはいけない理由

「規則正しい生活をしていても、食生活を改善しても、髪が生えない…」薄毛で悩む人の中には、生活習慣を改めることで、自力で育毛を試みる人も少なくありません。しかし、薄毛の種類の中には、生活習慣の改善だけで髪の量や質が向上するわけではない場合もあります。AGAがその一例で、もちろん生活習慣を整えることで育毛環境をも整えることにはなりますが、しっかりとクリニックで治療するという方法により、着実な増毛を叶えることが期待できるのです。

投薬による治療

クリニックでAGAと診断された場合には、さらに、どの程度までそのAGAが進行しているかによって治療内容が異なることがあります。例えば、AGAが引き起こされてしまう男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」が生み出されることを阻止するプロペシアなどの投薬に加え、その他の発毛に有効な成分を併用することもあります。患部へと塗ることで効果を持つ外用薬、飲んで体の中から改善を目指す内服薬に分かれていますが、そのいずれであっても、多くの薬において1日に1回の使用を毎日行い、数ヶ月以上の長期間に及ぶ治療期間を経て、AGAの改善を図ります。

メソセラピーによる治療

発毛自体や髪の毛の成長のための因子が足りなくなるという発想から、成長因子を補完する「育毛メソセラピー」と呼ばれるAGA治療法もあります。メソセラピーは、注射針を介して、頭皮の中に成長因子・有効成分を配合したカクテルを直接入れるという方法です。ダイレクトに痛みを伴うのではなく、温度や使用する針の細さを追求するなど、各クリニックで痛みを軽減するための工夫を凝らして施術を展開しているという部分も注目すべき点です。また、発毛・育毛カクテルについても、各クリニックごとにオリジナリティ溢れる配合量で進められていたり、さらには同一クリニックでの施術でも患者さんごとに異なる配合量を採用している場合などもあり、一口に育毛メソセラピー治療と言っても、幅広いプロセスで育毛を行うことが出来るのです。