AGAの薬について

2種類のAGA治療薬

AGAには、治療薬が主に2つ存在しています。それは「プロペシア」、そして「ミノキシジル」です。これらの大きな違いは、プロペシアは飲み薬で、ミノキシジルは塗り薬やタブレット・飲み薬として使われているということ。そして、それぞれ使うことのできる性別などの点も、重要な相違点です。

プロペシアの特徴

プロペシアの主成分は「フィナステリド」です。フィナステリドが還元酵素「5α-リダクターゼ」の働きを抑えることで、ヘアサイクルを乱しAGAを引き起こす元となる「ジヒドロテストステロン」の発生も阻まれます。元来フィナステリドが開発されてきた理由は前立腺肥大治療のためでしたが、研究によりAGAの症状の改善にも役立つことが判明し、97年、FDAにAGA治療薬であるという認可を与えられることになりました。効果がある性別は男性のみで、女性、特に妊娠中の方については、胎児が男児の場合に生殖器に悪影響を及ぼすということが分かっており、プロペシアを接触することさえも禁忌であるということは、必ず覚えておくべき事柄です。プロペシアは医師による処方が定められているため、病院で治療を受けることで初めて、プロペシア治療を受けることも可能となります。

ミノキシジルの特徴

男女に使用できるAGA改善のための育毛成分が、ミノキシジルです。ミノキシジルは元々、高血圧患者のための治療のためのものでした。しかし、発毛にも効果を持つという事実も分かったことから、育毛剤にも配合されるようになりました。また、そうした経緯からも分かる通り、育毛のために使用している場合にも血圧低下などの副作用が挙げられています。そして、女性用にはミノキシジル2%以上の配合量のものは禁止されており、さらにプロペシアと共通しているのが2%未満であってもミノキシジルは妊娠中は使用が不可であるということです。ミノキシジルの使用に当たっては、塗布するタイプ、タブレットタイプがあります。フィナステリドとの併用が行われるケースがあるのも特徴です。